Photo by MASA @甲武信ヶ岳
Photo by MASA @甲武信ヶ岳

年末限定の感謝セールを、12/7(土)10時より開始致しました

普段はあまり飲む事の出来ない貴重な豆を下記3種類ご用意致しました。

とても貴重でまた高価な豆なので納入数が少なく少量限定販売となります。

売り切れ次第、販売を終了とさせて頂きますのでご了承くださいm(__)m

それでは皆様からのご注文をお待ちしております。

 

(注)焙煎の都合上、ある程度まとまった豆の量が必要になりますので、ご注文をお受けしてから焙煎⇒発送までに少々時間がかかる場合があります。そのような時には当店よりご連絡致します。

 

 

【商品値段】

コピルアック(50g) 3,000円

エスメラルダ ボケテ(100g) 2,000円

リモンシリョ ジャバニカ(200g) 1,800円

 


★ 目玉商品【その1】 

コピ ルアック

KOPI LUWAK


 『コピルアック』、 今までに一度は聞いた事がある名前ではないでしょうか?

そうです、”世界一高価なコーヒー”または”幻のコーヒー”と言われている入手困難なコーヒーなんです。あまりにも有名なので、珈琲が好きな人、また珈琲が嫌いな方でも人生の中で一度は飲んでみたいと思っているコーヒーではないでしょうか?

 

コピルアックの特徴のひとつに、精製法があります。

えっ~と思われかもしれませんが、インドネシアに生息するジャコウネコの排泄物から採取する方法。ジャコウネコは、真っ赤に完熟したコーヒー豆が好物なため採取された果実は自動的に熟度の高い果実になり、さらにその完熟豆がジャコウネコの消化管を通る間に酵素反応を起こし、あたかも麝香(じゃこう)のような秀逸な苦みとフレーバーを生み出します。是非この機会にお試しください。かなり高価なため極少量の入荷となります。ちなみにあのヒルトンホテルでは一杯8,000円で提供されているようです(^_^;) なので断然お得です。

 

【生産国】 インドネシア アチェ州 ガヨ山地

【品 種】 アラビカ種 (ティピカ種、ブルボン、ティムティム、アテン)

【収穫期】 5月~7月

【特徴】 野生のジャコウネコ(LUWAK)の排泄物から採取

【精製工程】 集荷 ⇒ 天日乾燥 ⇒ 脱穀 ⇒ 選別

【焙煎度合】 中煎り


★ 目玉商品【その2】 

エスメラルダ ボケテ

Esmeralda BOQUETE


豆にもいろんな品種がありますが、その中でもこのゲイシャ種は、今世界で最も注目を集めているコーヒー品種のひとつ!それに加えて、このラ・エスメラルダ農園がすごいんです。この農園の豆が、2007年のパナマの国際オークションにおいて史上最高値を大きく更新した事で有名になりました。

 

非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わせるフレーバー、驚くほどすっきりした甘味を伴った酸味が特徴的です。今年9月にビッグサイトで開催されたスペシャルティーコーヒーイベントでも試飲しましたが、まさに衝撃的な味でした。このゲイシャ種は栽培が難しく、多く流通するものではないようですので、是非この機会にお試しください。

 

【生産国】 パナマ (チリキ県 ボケテ)

【農園名】 ラ・エスメラルダ農園 (面積:10ヘクタール)

【農園主】 プリセ・ピーターソン

【品 種】 ゲイシャ 100% (エチオピア起源の原種)

【収穫期】 1月下旬~4月初旬

【標高】 1,600m (AVG.)

【精製工程】 ウォッシュド

【焙煎度合】 中煎り~中深煎り


★ 目玉商品【その3】 

リモンシリョ ジャバニカ

Limoncillo Javanica


 ジャバニカという品種は、エチオピア産のロングベリー起源の単一品種で、大変な手間をかけて生産されます。なので一握りの生産者しかこのコーヒーを栽培されてなく、その中でこのリモンシリョ農園はとても実績のある農園なんです。そのコーヒーは、ジャスミンのようなフローラルな香りで口当たりが良いのが特徴です。是非この機会にお試しください。

 

【生産国】 ニカラグア (マタガルバ地区)

【農園名】 リモンシリョ

【生産者】 マリア・リジア・ミエリヒ・ムクエワン

【品 種】 ジャバニカ (エチオピア産ロングベリー起源)

【標高】 980~1,350m

【精製工程】 ウォッシュド

【認証】 レインフォレスト

【焙煎度合】 中煎り~中深煎り